臍帯血・幹細胞とは

「臍帯血」とは何でしょうか?
それは、赤ちゃん自身の体の中と臍帯(=へその緒)、それに胎盤(胎児側)の中を循環している血液のことです。臍帯血の中には、赤血球、白血球、血小板などの血液細胞と幹細胞が含まれております。

詳しくはこちら

臍帯血由来の幹細胞

臍帯血(へその緒)の中には、多くの幹細胞が含まれています。その0歳のフレッシュな多能性幹細胞は未熟なゆえ、投与した時から自分の多能性幹細胞として安全に自己の体内で増殖します。臍帯血由来の幹細胞は、造血幹細胞、間葉系幹細胞など、近年その研究が活発に行われています。

詳しくはこちら

幹細胞療法の安全性

幹細胞を利用した「再生療法」は、ここ数年で急速に研究がすすんでいます。 再生療法は、新たな臓器を作り出したり、傷ついた臓器を修復したりすることを目指し、白血病などの血液疾患の治療だけでなく、骨の疾患、心筋梗塞、やけど、がん、糖尿病等、様々な症状への治療に役立てられています。


詳しくはこちら
ページトップへ