再生療法とは

幹細胞を使って体を再生

再生療法とは、幹細胞を利用した医療のことで、ここ数年で急速に研究がすすんでいます。 再生療法は、新たな臓器を作り出したり、傷ついた臓器を修復したりすることを目指しています。 現在では、白血病などの血液疾患の治療だけでなく、 骨の疾患、心筋梗塞、火傷などにも幹細胞を使った治療がはじまっています。 脊髄損傷や肝硬変の治療なども、世界各国ですすめられています。

ページトップへ